アクセス解析
04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

父の書棚 

路面に花びらが舞い、 葉桜に移り変わり行く風景。 

父がグループホームに入所し、四度目の春が夏に向かう季節だ。

父は、自分と同じで、本を買うことが好きな人だった。 

ジャンルは時代物。 

文庫本を何冊も一度に購入しては、亡き母によく怒られていた。

読んではいるのだが、そのペースが購入に追いついていかない。 

家族の誰かに時代物を好む者がいたなら、父の書棚もうっすらとした埃を被ることもなかったろうに。



母が急逝し、その後、介護を要するようになった父も、紆余曲折を経、何とか施設に入所した。

入居時、トラブルもあった父だが、何とか安定した日々を送れるようになった。

介護に一段落ついた自分がふと辺りを見渡した時、自分の借家がとても広く感じた。

自分一人でこの家は広過ぎるし、何しろ部屋数が多過ぎる。

掃除だけでも大変だ。

自分は、身の丈に合った借家を探し、引っ越すことにした。

母の温もりが残った思い出の家を離れることに、躊躇いはあったが、感傷に浸る時間も家賃も、もったいない。

荷物の分別をすることになった。

だが、編み物が好きだった母が作った物は捨てることが出来ない。 

段ボール箱に入れ、ガムテープで封をした。

自分の私物もなかなか捨てられなかった。

自分の物だから、後で整理すればいいと、これらもダンボールに詰めた。

大きな書棚に並んだ父の文庫本。 

それらに手をつけ始めた。

時代小説好きが周りにいたら、もらって欲しかった。

図書館に寄贈しようかとも考えた。

パラパラと覗いた時代小説は何やら艶やかで、少しばかり興味を抱かせる。

読んでみようかという想いが頭をよぎった。

多分、読めば嵌るであろう、魅力的な文面。

現代にはもう垣間見ることの出来ない本当の想像の世界。
 


しかし、親不孝な自分は少しでも金になれば、とBOOK・OFF に本を運んでしまった。

査定の間、時代小説コーナーを廻ってみた。

時代小説は高値で売買されるようだ。

どれも高い値札が貼られている。

父が持っていた、平岩弓枝氏や藤沢周平氏等の文庫本。

自分がその世界に足を踏み込むことは、多分後悔すると思い、あえて手に取らなかった。 

査定終了のアナウンスが流れ、カウンターに向かった。

本当に時代物は高値で売買されるようだ。

査定額に少し驚いた。

期待以上の値だったからだ。

カウンターの奥にはすでに父の文庫本は移動され、もう自分の手から放れた物になってしまった。

本当は自分が読めば良かったのだ。

あの、自分を誘う、艶やかな世界に手を伸ばすべきだったのだ。
 


心の中でそう呟きながら、自分は査定額を受け取り、店を出た。

その後しばらくはBOOK・OFF に足を運ぶ度に時代小説コーナーを訪れるようになった。

以前はまったくそんなことはなかった自分なのに。

そして、父の本の背表紙を眺める度、その本を大切にしてくれる人に出会うことを祈っていた。

査定の額ではない、売る側にも色んな想いがあって手放すのだということを、BOOK・OFF の店員には解っていて欲しい。 


あのロボットのような淡々とした買い取りの奥の心の中で。 


By kusobookoff

↓ 4個ポチしてな。


国内ニュース ブログランキングへ

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村





スポンサーサイト

category: 本への想い

Posted on 2012/04/27 Fri. 03:34  edit  |  tb: 1   cm: 2  

 

今回は時間がないので短めに疑問に思っていることを。 

BOOK・OFF の店員マニュアルには 、『淡々とお客に接する』 ってな項目でもあるのかいな?

セブンイレブンのバイト君&バイトちゃんとは確実に違う雰囲気。 

ま、セブンイレブンはサービス業。BOOK・OFF は買い取り業と考えれば少しは謎は解けるのだが、に、しても、淡々とマニュアル通りの接し方。

もちろん、愛想や笑顔はない。

買い取り業って言ったって、販売もしてるんだから、もう少しお客に笑顔をみせてもいいものだが。

何故か、みんな、ロボットのよう。 

そう感じるのは、自分だけか?

どなたか、バイト君&バイトちゃんをご経験の方、謎を解いてください。 


By kusobookoff

↓ 4個ポチしてな。


国内ニュース ブログランキングへ

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

category: 雑感

Posted on 2012/04/26 Thu. 03:37  edit  |  tb: 1   cm: 2  

iPad2 

時代は移り変わる。 
それは、世の常だ。

筆が鉛筆となり、シャープペン、ボールペン等に姿を変えたように。
レコードが、CD、MDを経、配信に移りゆくように。
籠で移動していたの人間が、人力車、自動車、これからは電気自動車が道を覆うように。

本はこれからどのように形を変えていくのだろうか? 

ヨドバシ・ポイントが貯まっていたので、勧められていた、iPad2 を一年ほど前に買った。

iPad2 が買えるくらい、ヨドバシ・ポイントが貯まっているのも、如何なものか?(笑) 

ま、とりあえず、自分の手元にiPad2 は手に入ったわけだ。

iPad2 を持ったはいいが、使う機会が無い。

自分はゲーマーじゃないし、仕事で活用する場面もない。

そんな時、電子書籍が思い浮かんだ。 

早速、iTunes card を購入し、検索をかけてみた。

好きな女性作家の作品が、一冊、電子書籍化されている。

まだ読んだことない作品だ。

(てか、ファンのわりに読んだのは5冊ほどだが。。。笑)

iPad2 で読む、実際の本の感覚は、不思議なものだった。

iPad2 の重さは感じても、本来の本の重さは無い。

どこでもハードカバーが読める。

持ち運びにはもってこいのアイテム。

本棚という場所を取るものがなくていい。

わずか厚さ1cm の中を、これから先、まだ見ぬ本が埋め尽くしていく。

でも、何故か寂しい。 

装幀は、わずか1cm強の小さなアイコン。

背表紙を眺めることは出来ない。

前記したが、自分は本を読むより新本を買って、本棚に並んでいるのを見るのが趣味という人間だ。

背表紙が並ぶ姿を見られないのには、不満が残る。

しかし、電子書籍はこれからも進化していく世界なのだろう。 

自分が好きな女性作家の作品が、今後、電子書籍化され続けていくように。

そうなる頃、BOOK・OFF はどのような変化を遂げているのだろう?

自分にとっては、本棚に陳列された本の背表紙が、新鮮に感じ、逆にBOOK・OFF が居心地のいい場所になったりするのかもしれない。 

あまり、想像したくないが。(笑)


By kusobookoff

↓ 4個ポチしてな。


国内ニュース ブログランキングへ

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

category: 電子書籍

Posted on 2012/04/25 Wed. 01:27  edit  |  tb: 0   cm: 0  

BOOK・OFF会社概要② 

今回はつまらない話です。 

以下、ウィキペディアから。

ブックオフコーポレーション株式会社
Bookoff Corporation Limited

外観


種類
株式会社

市場情報
東証1部
3313

略称
ブックオフ

本社所在地
日本
〒252-0344
相模原市南区古淵二丁目14番20号


設立
1991年8月1日

業種
小売業

事業内容
中古書店「BOOKOFF」の展開
新規中古業態の開発・運営・加盟店経営指導

代表者
取締役会長(CEO) 橋本真由美  
       
女性が頭なのにあのセンスのない店舗。。。てか、まだ頭やってんかい?

代表取締役社長(COO) 松下展千



資本金
25億6400万円(2011年3月)

売上高
単体552億4300万円
連結733億4500万円
(2011年3月期)


営業利益
単体27億2200万円
連結27億4800万円
(2011年3月期)

純利益
単体8億6400万円
連結5億6800万円
(2011年3月期)

純資産
単体130億2600万円
連結127億3800万円
(2011年3月)

総資産
単体385億6100万円
連結391億716万円
(2011年3月)


従業員数
単体:756人
連結:996人 (2011年3月現在)


決算期
毎年3月末日


主要株主
大日本印刷株式会社 6.60%
丸善株式会社 6.09%
株式会社TSUTAYA 6.0%
株式会社講談社 4.29%
株式会社小学館 4.29%
株式会社集英社 4.29%

↑  ↑  ↑ 
おお、三大大手出版社! 

株式会社図書館流通センター 3.86%
(2009年5月20日現在)

主要子会社
青山ブックセンター株式会社


関係する人物
坂本孝(創業者)
佐藤弘志


外部リンク
www.bookoff.co.jp/


ついでに頭の女性のこと。  

橋本真由美 


橋本真由美(はしもと まゆみ、旧姓清水、1949年3月21日 - )は、福井県大野市出身の日本の実業家で、ブックオフコーポレーション取締役会長(CEO)である。福井県立大野高等学校、一宮女子短期大学卒業。

BOOK OFF創業時のスタッフであるが、採用当時はパートタイマーであった。東証1部上場企業においてパートタイマー出身者が経営トップに就くのは非常にまれなケースとして脚光を浴びた[1]。

タレントの清水國明は実弟。その縁で、清水がブックオフのイメージキャラクターとなって同社のコマーシャルに出演していた。なお、姪に清水明実・清水愛実・清水好実、義妹に永田ケイがいる。

来歴 [編集]
1949年 - 福井県大野市で生まれる。
1969年 - 一宮女子短期大学(愛知県)家政科栄養コースを卒業。栄養士として工場の食堂や病院に勤務し、給食管理・栄養指導に従事。この経験が後に「現場のニーズを経営に生かす」視点を培う基礎となる。
1972年 - 結婚のため退職。専業主婦となる。
1973年 - 長女出産。
1975年 - 次女出産。
1990年4月 - ブックオフ1号店(神奈川県相模原市の千代田店)で開店当初からパートとして勤務。時給600円のパートタイマーとして採用。「娘の学費の足しになれば」ぐらいの軽い気持ちからの応募であった。
1991年8月 - 売り上げが伸び悩んでいた2号店にパートのまま店長になり、後に正社員となる。 
1994年8月 - 取締役になる。
1997年 - 堀之内店(東京都八王子市)店長になる。

 ↑  ↑  ↑ 
結構有名な話だわな~。 
2001年 - 経営不振であった同社の子供服部門の建て直しのために、リユースプロデュースへ出向。
2002年 - タレント、弟の清水國明をブックオフのCMに起用。
2003年6月 - 常務取締役になる。
2006年2月8日 - 「トリビアの泉 ~素晴らしきムダ知識~」(フジテレビ系)でブックオフのCMに清水國明(弟)が出ている理由が取り上げられる。
2006年5月24日 - 「トリビアの泉 ~素晴らしきムダ知識~」の「トリビアニュース」で代表取締役社長に昇格することが取り上げられる。
2006年6月24日 - 坂本孝(BOOK OFF創業者)の後任として、代表取締役社長に就任。
2007年6月23日 - 同年5月に発覚したグループぐるみの不正会計問題において、常務時代に架空売上げの計上を黙認したとして、代表取締役社長を退任して、代表権のない取締役会長に就任。

以上、ウィキペディアより。

な、つまらん話やったやろ?


By kusobookoff

↓ 4個ポチしてな。


国内ニュース ブログランキングへ

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

category: 敵を知れ

Posted on 2012/04/23 Mon. 18:28  edit  |  tb: 0   cm: 0  

町の匂い 

町にはその土地の匂いがする。

それは本当の匂いであったり、視覚に訴えるものだったり。

自分のプロフィール写真に拝借したものの、本物の写真はこちらである。

Kiyo Photography氏から勝手に頂いてきたお写真だ。

この場を借りてお詫びと感謝を申し上げる。

プロフィール写真に用いたのは、この写真が魅力的だったこと、このブログのテンプレにマッチしていたことなど、色々あるが、一番惹かれたのはこの写真からは、町の匂いが感じ取られたからだ。

モノクロの、よく見れば看板に溢れた雑多な路地である。

カラーだったら、もしかして小汚い町に見えたかもしれない。

しかし、この町には匂いがある。

この町にしかない、匂い。

多分、飲食街だから、醤油やソースの焼けた匂い。

酒とタバコの匂い。

人が行き交った後の匂い。

路上に捨てられたゴミと店の脇にされた排尿の匂い。

それらが、束となって目に入ってくる。

だが、何故か不快ではない。

鼻腔を膨らませ、写真から再び匂いを感じ取りたい気分だ。

町の匂いや色は移りゆくものだ。

昔は考えられなかった巨大な看板。

町の匂いさえも錯覚させる彩り。

以下はケータイで自分が撮った地元のBOOK OFFの写真である。

多分、店舗の大小こそあれ、皆様のお近くの BOOK OFFの店舗のものと、そう変わりはないであろう。
 


拙いカメラの腕でで申し訳ないが。


①


②


③


カラーなのは反則だと言う方の為にモノクロに加工してみました。 


モノクロ①
モノクロ①

モノクロ②
モノクロ②

モノクロ③
モノクロ③

ついでなんで、セピアに加工してみました。(笑)

セピア
セピア


哀愁も郷愁も、何の色香も感じませんなぁ~。 

ま、感じ方は人それぞれなんで、あえてこれ以上は言いませんが。(笑)

以上、kusobookoffからのご報告でした。


By kusobookoff

↓ 4個ポチしてな。


国内ニュース ブログランキングへ

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村



category: 雑感

Posted on 2012/04/22 Sun. 18:21  edit  |  tb: 0   cm: 0  

『永遠の仔』 

 『永遠の仔』という小説はご存知だろうと思う。

天童荒太氏の長編小説である。

自分は読書家ではなく、新本を買って眺めるのが趣味という人間なので、この二段ページ、前後巻を読むことは出来ないだろうと想い、購入した。

確かに冒頭は辛かったが、何とか巻末まで読み通すことが出来た。

素晴らしい小説だった。

相当な取材や熟慮に熟慮を重ねた構想から生まれた作品だと思った。

後日、テレビ番組にご出演された、天童氏は、あの作品から5年は抜け出すことが出来なかった と、語っていた。

それほど作家は作品に情熱と力を注ぎ込むのだと、改めて知った。

『永遠の仔』はずっと私の本棚に並べられていた。

ハードカバーの上にまた書店のカバーに包まれて。



だが、先日、どうしても本を処分せねばいけなくなった。

大量にあったハードカバーや文庫本。

それをBOOK・OFFに持って行った。

近場の古本屋はBOOK・OFFの台頭で全て店を閉じている。 

捨ててしまうよりは誰かの手に渡れば、少しは大切にしてもらえるだろう。

ましてやハードカバーの上をまたカバーで覆った保存状態だ。

買い取りも少しはいいのではないか?

しかし、BOOK・OFFの壁は厚かった。

『永遠の仔』は雑多な買い取り本の中に埋もれ、ハードカバーの上のカバーも取り除かれていた。

購入時以来に目にする背表紙。

何故だか、本が泣いている様に感じた。 

そして、自分も後悔していた。

天童氏が5年間引き摺った想い。

それが、軽んじられ、他の本の重みに潰されているかのようだった。

リサイクルではない。本は消耗品の一部なのだ。 

BOOK・OFFにとっては。


By kusobookoff

↓ 4個ポチしてな。


国内ニュース ブログランキングへ

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

category: 買い取り

Posted on 2012/04/21 Sat. 18:13  edit  |  tb: 0   cm: 2  

ものの価値観とは?① 

前記事に頂戴したコメントで触れたので、あえて記事の初期に記したいと思う。

ものの価値観 とは、一体何であろうか?

個人的なものでもあれば、大衆的なものでもありうる。

自分の一番大好きな本は、マーカー斜線入り、ボロボロ。

ま、BOOK・OFFにとっては何の価値もない本だが、大切な一冊である。

その本は次のノーベル賞候補と言われている、今は大人気作家の、デビュー作の初版本である。

本の価値を一面から考えると、大きなものであるが、

それに価値を見いだす店員はもちろん BOOK・OFFには、いない。 

いや、他人から見たら、自分の手垢で汚れ、文面にマーカー線が引かれ、表紙もヨレヨレになった、ハードカバーなど、何の価値もないのかもしれない。

しかし、自分にとってはとても大切な一冊だ。

誰にでもあっていいのではないか?

BOOK・OFFには売ることの出来ない、そんな大切なものがあっても。 


By kusobookoff

↓ 4個ポチしてな。


国内ニュース ブログランキングへ

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

category: 価値観

Posted on 2012/04/20 Fri. 17:31  edit  |  tb: 0   cm: 2  

本への想い① 

前記事で書いた、
今までの古本屋のイメージを悪い意味で変えた会社である。 
という一文には、自分なりの本への想いがある。

自分はBOOK・OFFで小説本を購入したことはない。
何故かと聞かれれば、特段の理由はないが、本を購入する時には、それなりに作品への想いがあり、また、作者側の想いもあると思うからだ。

つまり、本の価値は状態がどうのこうのというものではなく、極論を述べれば、想いが籠ったものほど汚れや染み、破れがあって当然なのではないか?  ということである。

その本への想いがBOOK・OFFにはない。 

BOOK・OFFにとって、大事なのは保存状態であり、本の持つ価値では無いということだ。


手軽に本が手に入ればいーではないか?

そう考える方もいるのかもいらしゃるかもしれないが、そこに作家へ対する尊敬の念は感じない。 

それは、本質を追求する上で良いことなのだろうか?

また、この件に関しては後記することとする。


By kusobookoff

↓ 4個ポチしてな。


国内ニュース ブログランキングへ

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

category: 本への想い

Posted on 2012/04/19 Thu. 15:00  edit  |  tb: 0   cm: 9  

BOOK・OFF会社概要① 

何事にもまずは敵を知らねばいけない。

と、言っても一度には頭に入らないので、

以下はウィキペディアからの冒頭部分の引用。


『ブックオフコーポレーション』


ブックオフコーポレーション株式会社は、中古本販売チェーン「ブックオフ」 (BOOK OFF) を展開する企業。

新古書店の草分け的存在で、業界最大手である。本社は神奈川県相模原市南区に所在。

ハードオフ(HARD OFF)やTSUTAYA(レンタルビデオチェーン)などのフランチャイジー(加盟店)でもある。子会社で新刊書店の青山ブックセンターも展開する。


以上、ウィキペディアからの引用。

いずれにせよその業界最大手であり、今までの古本屋のイメージを悪い意味で変えた会社である。


By kusobookoff

↓ 4個ポチしてな。


国内ニュース ブログランキングへ

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

category: 敵を知れ

Posted on 2012/04/18 Wed. 19:06  edit  |  tb: 0   cm: 0  

査定の違い 

皆さんはBOOK・OFFの買い取りを利用したことがお有りだろうか?
そこで、腑に落ちない経験はなかっただろうか?
買い取りには時間帯とバイト君とバイトちゃんの年齢が関係している様に感じなかっただろうか?
自分が経験したのは同じ年代のCDを持ち込み、汚れ具合などを考慮しても、どうにも査定額が10倍は違うというものである。
最初に持ち込んだ時には、経験の薄そうなバイトちゃん。
1枚50円の扱い
時間差で持ち込んだ時には、経験豊富な女性。
1枚450円の扱い
ぶっ飛んだ。
先のCDの査定は何だったのか?
後で、後悔しても、もう遅い。
自分は、それからは、時間帯などを考慮して持ち込んだり、経験の浅そうなバイトちゃん&バイト君の時には、引き返すことにしている。

By kusobookoff

↓ 4個ポチしてな。


国内ニュース ブログランキングへ

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

category: 買い取り

Posted on 2012/04/18 Wed. 00:29  edit  |  tb: 0   cm: 0  

Powered by NINJA TOOLS
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。